president-blogモリタ社長ブログ

モリタ社長ブログ » 2015年12月

201512/30(Wed)

2015年12月30日で株式会社モリタの本年の業務が終了します。

午後2時から大掃除を始めたのですが、天候にも恵まれはかどりました。

掃除ついでに久しぶりに屋上に出たら、遠くに新幹線が通っていくのが見えたので携帯で写真を撮りました。

ちょっと見えにくいと思いますが。

会社から遠くに見える北陸新幹線.jpg

終礼の挨拶は、

今年1年お世話になった感謝の言葉、来年に向けた簡単な豊富、引き続きの指導・支援をお願いする 等を

伝えるつもりです。

今年も無事に終わりそうですが、社員の皆様をはじめ、直接のお客様、地域の皆様、仕入れ業者の皆様、出入り業者の皆様 等に支えられてきたおかげです。

本当にありがとうございました。2016年もよろしくお願い致します。

201512/24(Thu)

今年の話題は色々あるようですが、自ら体験したことと言えば "北陸新幹線" でしょうか。東京出張のほとんどが新幹線を利用して、になってしまい、飛行機を利用しての出張が1、2回だった気がします。富山⇔羽田 便を1日6便から4便に減らすと言われているのもわからないわけではないのですが、だったら富山⇔伊丹便をつくってほしい、そう言いたくなるのですが。

新しいものができると、古いものがなくなっていく のは、当り前なのでしょうが、古いものの価値が見直されるとまた復活する そんなことも多々ある気がします。
私は音楽を聴くのが好きでレコードを収集していました。途中からカセットテープ、CDと変化していく中、今では音源そのものを購入する時代となってアナログであるレコードは減っていきました。最近、また見直されているようなのですが。

先日、知り合いの経営者"家族のような電気屋さん"からレコードもカセットもCDも聴くことができる商品のことを聞きました。通販で売っているのは知っていたのですが、そこでも取り扱っているということで商品のことを聞いたのですが、その経営者の話しは、こうでした。「78歳の男性がその商品を購入され家に運んで取り扱いの説明を終え、レコードをターンテーブルにのせ音が聞こえてきたその瞬間、なんとその男性が踊りだした。」と話されました。私にとってその場の光景が目に浮かぶような話でした。昔聞いていたその頃を思い出し、年齢や恥ずかしさなど吹き飛んで、思わず踊りだしてしまう、素敵じゃないですか。こんな商品説明をしてくれるからこそ"家族のような電気屋さん"なんだと自分で頷いていました。

バナーエリア

  1. 事業概要
  2. イベント情報
  3. 取扱いブランド

pagetop