president-blogモリタ社長ブログ

モリタ社長ブログ » 2016年10月

10月に開催された業界のセミナーで、ある有名な方が「女性の平均の顔を持っている人が"美人"それは黄金比であらわすことができる、つまり黄金比(5:8)の顔、モナリザがそうです。」と言われました。他にも黄金比で例えられるのが、ピラミッドやミロのヴィーナスだったりします。ある時、海外のものばかりで、日本は? と思ったところ、実は日本は白銀比 を知りました。白銀比(1:√2)の代表的なものは、風呂敷、法隆寺、流行りのキャラクター 等です。

西洋では自然が合理的に選択する黄金比、フィボナッチ(人物名)数列・螺旋より、装飾・華美・動・生・拡大 を文化として取り入れ、日本は自然の中に合理的な数として白銀比を見出し、実用・簡素・静・死 を文化として取り入れてきました。・・・調べると誰でもわかることです。

ところが、黄金比を知っている人は結構いますが、白銀比を知る人は周りに少ないのです。(私の場合かもしれませんが) 私もそうでしたが、日本のことを知らない、いつの間にか西洋かぶれをしていた、そういうことに気づかされました。日本の女性も白銀比から黄金比に変わったのかもしれませんね。

バナーエリア

  1. 事業概要
  2. イベント情報
  3. 取扱いブランド

pagetop