president-blogモリタ社長ブログ

モリタ社長ブログ » 2019年2月

201902/27(Wed)

先日、異業種の経営者数人と昼食を共にしたときの話です。ある一人の経営者が何人かの経営者からこう言われたことがあると言われました。「Aさん、よく森田さんといるようだけど、全く合わないような二人がよく一緒にいるよね。」Aさんは、どうしてそんなこと言われたのだろうか?面倒くさいことをいうなぁ、あなた方にはわからない部分があるんだよ。と、思ったそうです。その場では笑って「そうですか、面白いこと言いますね、タイプが違うけどお互い二面性があるので。」と言葉を返したらしいです。そこで別の経営者Bさんがすかさず言った言葉が、「それは男の嫉妬ですよ。」 私はその言葉を聞いて思わず吹き出してしまいました。男の嫉妬? 何それ? しばらくおかしくて笑いが止まりませんでした。Aさんに言った経営者の人たちのことは私も知っていますが、そんな言葉私は聞いたことがなかったので余計驚いて笑ってしまったのでしょう。Bさんの一言が場を盛り上げてくれました。

翌日、男性社員と女性社員と3人で車で移動する機会がありました。そこで私は昨日の出来事で出た言葉、男の嫉妬について意見を聞いてみました。女性社員は興味津々で「面白いですね、女性とは何か違う。」と言ってくれ、男性社員は「嫉妬かどうかは?ですが、Aさんに言われて社長には言わない、自分も思うのですが社長にそんなこと言えないそんな雰囲気があります。」と言われてしまい、Aさんは言いやすいが自分には言いにくい、確かにそう言われれば、タイプが違うとはこういうことか、に気がつきました。言いにくいことを社員はよく言ったと思い、「言いにくいことをよく言ったね。」と言うと、笑って「今、言うチャンスだと思ったからです。」と応えてくれました。

笑っている場合ではないですね。自分を省みる良い機会を得ました。

201902/02(Sat)

昨日、富山大学で開催された"経営者大学"に出席してきました。富山大学都市デザイン科の原教授による講義と参加者によるグループディスカッションでした。講義のテーマが、災害、そのとき、あなたの会社はどうしますか? でした。

グループで普段考えている緊急対応について話し合いましたが、実際緊急を要する災害にあっていないせいか、こうできたら良いなあ、で危機感に乏しいというか、他人事になっているとグループ内で皆が感じました。

次に講義が始まったのですが、阪神淡路、東日本、新潟中越 その他の震災、その後の二次災害 多くの実際起きたことを画面で観てからスタートです。富山は安全ですか? 活断層のこと知っていますよね? 過去に富山で起こった災害をお聞きしました。

立山連峰があるから富山の人は災害がなく安全だと思っていませんか? 安全神話があるのでは?

何人もそう思っていると手を上げました。でも神戸は震災前まで富山より安全と言われていたことをお聞きしました。たまたま富山が大きな災害にあっていないだけでいつ起きるかわからない、頭ではわかっていても心底どうかと言われると?です。

その後、BCP(事業継続計画)の重要性について説明があり、またディスカッションをしました。この場で話し合ったこと社内でも話し合っていますか? ほとんどしていないですね。ご家族で話し合われていますか? 他で起きた時だけで普段からはしていません。 

たまたま今が安全ということで、もしもの備えが充分でないことに気づかされました。何度かこのような話し合いの場を持つことが、災害にに対してもっと真剣に向き合うことができると反省させられました。

今、安全に過ごしていることに感謝。

バナーエリア

  1. 事業概要
  2. イベント情報
  3. 取扱いブランド

pagetop